伊豆の雄大な自然を望む絶景温泉露天風呂を全室に配備

伊豆七島を愛でながら浸かる温泉に心身リフレッシュ 洋風石造りや檜などそれぞれ趣向を凝らした専用露天風呂 女性に喜ばれる美人の湯でお肌スベスベ

日本三大温泉郷

日本三大温泉郷に数えられる湯の街にあります 別府や熱海と並び、日本三大温泉郷のひとつに数えられている「伊東温泉郷」。
25度~68度の温泉が毎分約32000リットル湧き出、全国有数の豊富な湯量を誇る湯の街として、古から文人墨客に愛されてきました。
伊東温泉郷の最たる魅力は、温泉の楽しみ方をさまざまに提供する施設やサービスが充実していることでしょう。
和情緒あふれる旅館やリゾートホテル、民宿、ペンションなど、施設は約150軒点在。
家族連れからグループ、団体まで、あらゆるスタイルの旅に対応する宿泊施設が揃います。市内には昔ながらの共同浴場もあり、地元の人々との交流できるうえ、温泉情緒も楽しむことができます。
また伊東七福神にちなんだユニークな共同浴場が8か所あり、霊験あらたかな湯めぐりするのもおすすめ。
無色無臭の柔らかな名湯、豊かな自然に育まれた温泉郷で、ゆっくりお過ごし下さい。

オーベルジーヌの上手なお風呂の入り方

入浴前後に1杯ずつの水を飲むべし!

入浴すると発汗により血液粘度が高まり「ドロドロ血」の状態になります。
入浴後だけでなく、入浴前にも水分補給するのがポイントです。ソムリエのワンポイントアドバイス ※空腹時の入浴の際は、温かいお茶で…

入浴前には、足先など心臓の遠くから順に、十分な「かけ湯」をすべし!

「かけ湯」は、体の汚れを落としてから入浴するマナーというだけではありません。
温泉の泉質や温度に慣らすためのものです。 ソムリエのワンポイントアドバイス※体は、軽く洗う。上がる際も桶に温泉を溜めタオルを洗い、
肌についた成分を採らないように優しく拭く。
バスタオルなどは使わない方が良い!化粧水をつける際はお早めに・・・

頭には濡れたタオルをのせるべし!

立ちくらみは、全身の血の巡りが良くなる分、頭の血流量が減る状態なので
熱いお湯をしみこませたタオルで頭の血管を開きましょう。
のぼせは、頭に血がのぼったオーバーヒート状態なので、
逆に冷たい水をしみこませたタオルをのせましょう。
ただし、実際には「立ちくらみ防止」にはゆっくり浴槽から出ることが大切です。 ソムリエのワンポイントアドバイス※のぼせやすい「内湯」と「夏の露天風呂」では「冷たいタオル」を頭に・・・
脳の血管が収縮して危険な「冬の露天風呂」は「熱いタオル」を頭に・・・

一気に長湯せず、「分割浴」をすべし!

短い入浴後、浴槽から出て休憩することを繰り返すのが「分割浴」です。
例えば、「3分入浴して休憩、また入浴」を3回繰り返すと9分間入浴することになります。
一気に10分間入浴するよりも9分間の「分割浴」の方が湯冷めしにくいのです。 ソムリエのワンポイントアドバイス ※茄子のはなでは、5分→8分→3分の分割浴がオススメです!

疲労回復には、膝下の「温冷交互浴」が有効なり!

膝下にお湯を掛けること3分、水をかけること1分、これを3~5回繰り返すと
末梢血管が広がり、乳酸などの疲労物質が末梢されやすくなります。 ソムリエのワンポイントアドバイス※乳酸が散れば筋肉が和らぎ疲れを回復させる効果は抜群。
お湯3分は普通の入浴でもかまいません。

オーベルジーヌの温泉について

温泉の泉質は弱食塩泉が中心。
温泉水1キログラムに食塩が1グラム以上5グラム未満を含む弱食塩泉は、別名「熱の湯」と言われており、保温効果が血行を促すために浴後も全身がポカポカで、温かさが持続するのが特徴です。刺激の少ない泉質なので、単純泉同様に乳幼児や高齢者の方まで楽しめるのも魅力。慢性関節リュウマチ・手足の冷え・打撲傷・捻挫・外傷・火傷に適しています。

泉質
温泉名 採取地 片瀬11号片瀬21号 白田21号熱川・北川45号
静岡県伊東市八幡野宇平松1208-54
泉質名 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
低張性弱アルカリ性高温泉(源泉温度の42℃以上が高温泉)※採取地は60℃

オーベルジーヌの雄大な景色を肴に「桶酒」はいかがですか?

ご予約・空室照会 ご宿泊予約特典
  • 茄子のはなとは
  • 茄子のはなの楽しみ方
  • お客様から届いた声
  • メディア掲載
  • フォトギャラリー
ページの先頭に戻る